家づくりについての情報が満載です!

家づくりの2×4工法とは

家づくりの2×4工法とは 注文住宅など家づくりを検討している方の中には、一度は聞いたことがある言葉には2×4工法という言葉があるのではないでしょうか。
国内では在来工法と分けた意味合いで使うことが多く、海外から国内へと浸透してきた建て方です。
特徴は名称通りに2×4建材を使う工法で、木材の断面が2インチと4インチのタイプをメインにして家づくりを行う方法です。
実際には2×6や2×8などもあり、全てが規格品になり接続させる家具類も充実しています。
2×4工法の最大の特徴は、各居室を6面で構成する技術が盛り込まれていて、この6面体の構造を組み合わせることで戸建て住宅を建てていることです。
工期が短く済ませることができるメリットや、地震など揺れに強い構造であること、付随するパーツが多いこと、建材そのものが低単価なので比較的安く家を建てられるメリットも含まれます。
現在では国内でも多くのハウスメーカーや工務店が採用している家づくり方法なので、輸入された技術とは言え品質は優れています。

家づくりの際に参考にしたい2×4工法のメリット

家づくりの際に参考にしたい2×4工法のメリット 木造住宅の場合には在来工法(木造軸組工法)が一般的ですが、木質系パネルを使用した構造の2×4工法も人気があります。
一般的に在来工法の場合には設計の自由度が高く、比較的コストも低く抑えられるケースがありますが、2×4工法は断熱性や気密性に優れており耐久性も高いことから、安全で強い家を希望するご家族にお勧めできます。
家づくりの最も初期の段階で、ハウスメーカーや工法を選ぶこととなりますので、そのメリットの詳細を確認しておきましょう。
北米で発展してきた工法で、規格化された寸法の木材と頑丈な木質パネルを組み合わせて箱を作るように組み立ていくという方法です。
その構造上、ピッタリと組み合わさった「面」で建物の構造を支えることになるために、外部からの力に強く気密性も高い特徴があります。
特に寒さの厳しい地域や雪の多い地域に適していますが、その性能の高さから日本の多くの地域でも採用するハウスメーカーが増えてきています。
家づくりの時には、採用する工法の一つとして考えてみると良いでしょう。

新着情報

◎2020/10/23

よくある家づくりの失敗例
の情報を更新しました。

◎2020/08/31

サイト公開しました

「家 参考」
に関連するツイート
Twitter